のん兵衛なヒョットコの酒日記です。えむ亭のメニューも載せます。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒と肴

日曜日夜の部

18:30から夜の部へ突入です。

20090125180424.jpg
野菜盛り合わせ(バルサミコ酢で)

20090125180643.jpg
トマトソースのハンバーグ

20090125182258.jpg
モッツァレラと生ハムサラダ

ここまではとっても‘イタリアーン’な感じでしょ?
そんな料理には

20090125191604.jpg
エスピリトゥ・デ・チリ カベルネ・ソー・ヴィニョン
産地:チリ・セントラル・ヴァレー
ブドウ品種:カベルネ・ソー・ヴィニョン

口当たりが滑らかで果実味が豊かな感じです。
でもイタリアンなのに何故かチリのワインですがw


日本料理は

20090125182933.jpg
タラの白子

こてこての日本料理です。
あと三崎鮪の中トロとネギトロがあったんだけど、
ずくを抜かして冷蔵庫で解凍したら色が悪くなってしまったので
写真は無しで
やっぱ、塩を入れたぬるま湯に入れるか、流水解凍じゃないと駄目ですね・・・
あ、味はもちろん良かったですよ!

日本酒は昼間の仙人蔵の残りと紙パックの日本酒www
焼酎は

20090125212938.jpg
芋焼酎おこげの30度バージョン
別名?麦チョコ焼酎と言われてます。香ばしくて美味しいです。


昼、夜合わせてかなり飲んだので(土曜も帰りは3時過ぎだったし・・・)
昨夜は酒を抜こうと思ったが・・・無理でした

そして今夜も飲むんだろうな~・・・




スポンサーサイト

酒と肴

お昼の宴会

昨日は家で昼と夜と宴会でした。
って、日曜は大概そうなんですがねwww

20090125121518.jpg
お刺身3種(たちうおあおやぎかつおのたたき
ほたるいか醤油バター炒め
チャンジャ (蓋が取ってないw)
豚肉のトマトソース炒め
野菜盛り合わせ
鉄火&ネギトロ巻き
焼きガニ (写真無いけど)

等々です。

お刺身はデリシアで買いました。
かつおはこの辺ではここのが1番美味しいです。
特にたたきが美味しいので駒ヶ根近辺の方は是非お試しあれ!
ちなみにあおやぎも全然臭みが無くて美味しかったです。

ほたるいかは日が経ってきたので醤油バター炒めに。
古くなったらお試しあれ!

豚肉のトマトソース炒めは文句なく美味かった。


飲んだものは、
20090125124038.jpg20090125143153.jpg
仙人蔵 無濾過原酒 (純米)
アルコール分17度以上18度未満
原材料:米・米麹
精米歩合60%
長野県産ひとごこち100%使用
株式会社 仙醸 (伊那市高遠)

サンタ・アナ
アルゼンチン産だったかな?

どちらも美味しく頂きました


とまあ、飲んで食べて昼の部は終わりです。
次回は夜の部です。





最近飲んだ酒

最近といっても11月の話ですがw

20081120200643.jpg
浮生如夢 特別純米酒
原材料名:米・米麹(ひとごこち)
精米歩合59% アルコール分15.5%
製造元:㈱湯川酒造店 長野県木曽郡木祖村
販売元:(資)丸玉あわや商店 長野県駒ケ根市中沢

これはいつもお世話になってる酒屋のあわやさんが
独自で造ってもらってる?お酒らしいです。

ちょっと甘いんだけど旨みのある美味しいお酒だと思います。


おまけ
20081120192600.jpg
グレープシードオイル 原産国イタリア
ぶどうから作られた食用油です。 って見りゃわかるかwww

これは、コレステロールとトランス脂肪酸が0%超ヘルシー!
しかもビタミンB(だっけな?)が豊富に含まれていて
とっても健康的な食用油です。
揚げ物をしてもさっぱり、さくさくっと揚がります!

ちょっとお高いですが、健康の為に皆さんも使ってみてはいかがですか?

外食

飲んだな~・・・

昨夜は早番の水曜日恒例の‘飲み歩き’でした。

まずは6時くらいに「越百」へ。
そこで日本酒の封切頂いちゃいました。

20090121183556.jpg20090121183619.jpg
松の司 楽 (純米吟醸)

これは美味しいです!
口に含んだ途端に旨みが‘ふわ~’っと口の中に広がって、
飲み込むと‘す~’っとキレが良い。

これは「お気に入りリスト」に追加です。
いや、別にリスト作ってある訳じゃないけどねw


2件目は妹のやってる居酒屋の「えむ亭」です。
そこではおつまみにこれを食べました。

20090121204049.jpg
サヨリの一夜干し

う~ん、写真が悪いなこれは
肝心な尖った口が見えないし、角度も悪い・・・
やっぱ酔っ払って撮ると駄目だな(苦笑)

これは私が日頃使っているネットの店で見つけたので‘店で出せば?’
といって取り寄せた物です。
30匹限定ですが、まだあると思います。
‘美味しいよ!’


で、最後は「しゅせん」に寄って飲みました。

親しい常連さんが次々と来るし、楽しいのでついつい長居をしちゃいます。
早番は3時半起きなのに帰って寝たのは12時過ぎ・・・
機械から機械へと歩きまわる仕事だから良かったけど、
デスクワークだったら完全に爆睡してたでしょう

次回はもう少し早く帰ります。(の予定w)

外食

昨夜の外食

昨夜はえむ亭の常連さん1人とスタッフ4人の総勢5人で「ほの字」へ。
ほんとはお昼に行く予定だったんだけど、
1つ予約が入ったので(本来は日曜休み)夜に変更。

17時~19時の2時間限定での予約で、
終わって片づけてからだから19時半は過ぎるという事なので、
店へ出ない私は大雪の降る中、19時から先乗りして飲んでました

19時50分頃全員揃っていざ宴会!
食べた物は・・・

20090118195206.jpg
づけまぐろ刺身

20090118195221.jpg
もつ味噌炒め

20090118200631.jpg
ブリカマ塩焼き

20090118195343.jpg20090118202404.jpg
つまみネギチャーシュー 肉入り野菜炒め

20090118203150.jpg
生ホルモン炒め

飲んだ酒は、 生ビール ・ レモン杯 ・芋焼酎お湯割り に、
20090118200335.jpg20090118130136.jpg
冷酒 ・ 赤ワイン と5種類も飲んでしまった・・・

そして、締めにキムチチャーハンを食べてお開きに。
帰りはタクシーで帰って、家でもう1杯!
早番だから寝ればいいのにw

勿論寝不足です・・・ 





最近飲んだ焼酎

飲んでからだいぶ経ちますがw

20081117200309.jpg

薩摩焼酎 かめつぼ仕込み
無双蔵蒸留所 三和酒造株式会社
鹿児島県鹿児島市

一次仕込はもとより、二次仕込も地中に埋め込まれた500~600リットルのかめつぼにて仕込み、発酵を終えたもろみを杉の木でできた木桶蒸留器を使って蒸留した本格 焼酎。
薩摩の伝統的製法のこだわりの逸品。
焼酎の品評会の中で最も権威ある「鹿児島県本格焼酎鑑評会」に於いて、過去に「森伊蔵」も「魔王」も「村尾」も達成したことのない、審査員全員が満点を付けるという芋焼酎史上歴史に残る快挙を成し遂げました。
味わいは非常にバランスがよく、ロックで飲んでも水の如くスルスルとのどを通っていきます。
あまりの飲みやすさに飲み過ぎ注意です。


【鹿児島県本格焼酎鑑評会】とは・・・

芋焼酎の本場、鹿児島県の焼酎を統括する税務署が中心に、
すべて焼酎名を隠して、本当に美味しい、
品質の高い焼酎を選ぶ最高権威の品評会。


薩摩焼酎マークの意味
(1)鹿児島県産のさつまいもと水を使うこと
(2)鹿児島県内で造った麹(米または芋)を使うこと
(3)単式蒸溜器で蒸溜し、鹿児島県内で容器詰めする事


という焼酎で、甘みもあり飲みやすく美味しいです。

酒と肴

今頃ヌーヴォー!?

今頃こんなもの載せてすみませんw
ボジョレーとボワぜのヌーヴォーです。

20081120192248.jpg20081120192304.jpg


ボジョレーヌーヴォー2008 ジャン・ド・ロレール
希望小売価格2,467円(税込)

これを知らずに、ボジョレーは語れない!?
まさにボジョレーのお手本!
安定した品質で今年も期待度◎!

どんな年でも毎年安定した品質を維持している信頼のブランド、ジャン・ド・ロレール社。同社は、ボージョレが主体ではありますが、ブルゴー ニュやローヌのワインも生産します。

果実味に溢れ、少しバナナ のような甘い香りと、新鮮で綺麗な味わいが特徴的で、特に昨年に引き続き最良のヴィンテージになる可能性が高い2007年のヌーヴォーはさらに果実味が豊富に感じられ、新酒らしいフレッシュなまさにボジョレーヌーヴォーのお手本のような一本。

ジャン・ド・ロレール社は1860年にボジョレー地区のジュリエナ村に設立されたボジョレー地区で揺るぎない信頼と地位を確立した優良生産者。
醸造家とワインの専門家を 集め、強力で有能なチームを作り、多くの生産者と長年良い関係を築いたおかげで,毎年品質の高いブドウを買い付けることができます。

ブドウは10人が収穫したものを1人の選別者が選別するという徹底ぶり。 ボージョレ地方の70%の生産者と契約している中、厳選されたワインを使用すること、また日本向けは30ロットものワインの中から最適なものを選りすぐり、醸造責任者が最良のブレンドを決定するといった最高の一本を生み出します。

ボジョレーヌーボー解禁パーティーには欠かすことの出来ない、気軽に楽しめる定番のヌーヴォーです。

 
ヴァンド・ペイ ヌーヴォー2008ドメーヌ・ラ ・トゥール・ボワゼ
希望小売価格1,417円(税込)

南フランスの自然派生産者がつくる
しっかりとしたタンニンを持つ
凝縮果実味ヌーボー!
なんと、人気のシラー、メルロー主体です

現代ミネルヴォアを代表する生産者ドメーヌ・ラ・トゥール・ボワゼ。その信念を「自然に介入し過ぎないこと」とした、自然派生産者です。

ワイナリーは、ミネルヴォア地区の中心地、ロール・ミネルヴォア村に位置しています。そこは、かつて城壁に囲まれており、この村には4つの門と塔がありました。その一つがこのドメーヌの敷地内にそびえている塔(TOURトゥ-ル)です。この塔は13世紀に建てられたもので、ドメーヌの名前もこのトゥ-ルが由来となっています。

オーナーのジャン・ルイ・プドゥー氏の、高品質ワイン生産のために常に土壌の改良や技術改善を進めてきました。そうした努力が実り、今ではラングドックワインにおける品質向上のリーダー的存在として認めらています。

温暖な地中海気候と大西洋気候の境界線上にある好立地。特にブドウの成熟期に気温がやや下がり、ワインに必要な酸を確保することができます。このような南仏の気候を反映した熟度の高いブドウは、タンニンもしっかり熟し、優しい口当たり充分な果実味が特徴です。

店頭でボジョレーと飲み比べて頂くと、「ボジョレーよりおいしい~」と、ボワゼのヌーヴォーが選ばれてしまうほど、完熟した凝縮感が、人気ヌーヴォーです。


というヌーヴォーですが、今日のメインはこれではなくて
この2本とセットになっていたこちらの食材です。

20081124001331.jpg

14ヶ月熟成 パルマ産生ハム (200g)
希望小売価格2,310円 (税込)
長期熟成による芳醇な香りとまろやかに広がる凝縮された旨み!
原料が豚肉と塩だけ!普通の生ハムとは格が違います!

さすがにパルマ産の生ハム! 超美味いです!!

実は先日、国産生ハム(何処のかは見てないですが)を食べたら
化学調味料の味がして超不味かった

で、これを載せる機会を失っていたので今頃ヌーヴォー、という次第です。
国産の生ハムでもましな物はあるけど、これ食べちゃうとねー、
国産はあんまり食べたくありません・・・


ちなみにこのヌーヴォー2本と生ハムのセット、
希望小売価格を足すと6194円になりますが、
これが送料含めて4千いくらでした。

酒と肴

昨夜の一家団欒

昨日で年末年始休みも終わり・・・
「えむ亭」の営業があり、家族揃っての夕飯は僅か3日なのと、
明日からのお仕事に備えて栄養を摂ろう!
という事で昨夜は御誘いの電話もお断りして焼肉大会!!

と、その前にこれ!

20090104175009.jpg
極太タラバ!!
これは焼いて頂きました。
美味いっす

で、焼き肉。

20090104182921.jpg
左上:特上ホルモン  右上:チキン塩ネック
左下:味タン      右下:塩サガリ


これを焼いた写真
20090104185937.jpg20090104185204.jpg20090104184453.jpg

どれも味がついててそのまま食べれます。
柔らかくて美味しいっす!!


飲んだワイン
20090104192548.jpg20090104202900.jpg
ゾーニン・キャンティ(DOCG) 2006 イタリア
バランスが良くてベリー系が効いてる感じです。

SNOWY CREEK 2006 オーストラリア
MERLOT
CABERNET SHIRAZ

濃い口で辛みがあります。

日本酒
20090104190749.jpg
滝水流(はやせ)
使用米:麹米 山田錦20% 掛米五百万石80%
精米歩合60%
使用酵母 蔵内自家培養酵母
アルコール度15%以上16%未満
日本酒度+6 酸度1.5
原材料:米・米麹
三重県名張市 瀧自慢酒造株式会社

味は濃いんだけどしつこくなくて辛口です。


美味しく食べて飲んで団欒を満喫できたけど、
ちょっと食べ過ぎちゃったな







頂いちゃった

さて、頂き物第3弾は、





























20090103000201.jpg
魔王です!

こんな高価な物頂いちゃっていいのでしょうか?

いいんです!w


たまには良い事もあるものですね。

酒と肴

元旦の晩餐

元旦の夜は鍋でした。
具材は、
20090101191640.jpg
上がアンコウ 下がフグ
まだ凍ってますが・・・

20090101191609.jpg
ズワイガニと出汁用の鯛のアラ

と、海鮮鍋でした。
煮た写真撮り忘れちゃった・・・(いつもの事だけどw)

あとは本マグロの赤身とブリのお刺身、いくら、数の子等々。

お酒は、
20090101201715.jpg
貰い物第2弾の「金澤屋」
辛口純米生原酒
麹米 美山錦 精米歩合50%
掛米 福島県産酒米 精米歩合60%
使用酵母 TUA
日本酒度+13
アルコール度数18度
福島県喜多方市 (資)喜多の華酒造場

金澤屋という名前なので石川県のお酒だと思ってたら福島県でしたwww
日本酒度+13が示す通りかなりの辛口です。
金澤屋は好きなお酒の一つです。

ワイン
20090101205231.jpg
メモがない・・・

あとはビール(サッポロ冬物語)と焼酎(今度ブログに載せます)
と、飲んで飲んで飲んで・・・

お休みが少ないので飲みまくりましたとさ!

酒と肴

大晦日の晩餐

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨夜は家で1年の労をねぎらいました。
年に1回の豪勢な晩餐?に食べた物は・・・

20081231182958.jpg20081231183434.jpg
伊勢海老の刺身鮑のバター焼き
どちらも自分で捌きました。
日頃包丁を使う事なんて無い私ですが、
この食材を頼む所は捌き方のレシピが付いてくるので結構簡単に捌けました。
伊勢海老のプリプリの食感と甘み、そして鮑の旨みといったら、もう最高!!

20081231183458.jpg20081231184908.jpg
左は車海老のお刺身です。
これも身がプリプリで‘甘ーーーい’
右は平目本マグロの中トロです。
左にあるのは縁側です。うひょひょひょ・・・

20081231184843.jpg20081231183028.jpg
左は特大子持ちしゃこ!
これは毎年お取り寄せしてます。やっぱり美味い!

右はイベリコ豚(左)黒豚(右)
しゃぶしゃぶで戴きました。
食べ比べて初めて分かりましたが、
甘みのイベリコ豚に旨みの黒豚です。
どちらも捨てがたいお味です!!

あと、松茸入り>茶碗蒸しも食べたんだけど、写真撮り忘れちゃって・・・
なんせ一通り写真撮った後に出てきたもんで・・・(汗

飲んだお酒は、サッポロ黒ラベルの後に、
20081231194157.jpg
毎年恒例の「ゆく年くる年」新酒 特別本醸造
新潟県産「五百万石」100%使用
精米歩合 米こうじ50% かけ米55%
アルコール分15度以上16度未満
新潟県長岡市 朝日酒造株式会社

辛みも旨みもあって美味しいです。


20081231200826.jpg
明鏡止水 初搾り生酒
精米歩合60%
アルコール分16度以上17度未満
日本酒度+2
酸度1.6
長野県佐久市 大澤酒造株式会社

日本酒度+2の割には辛みを感じて、後口が良くて美味しいです。
これは貰い物なんですが、この他にあと2つあって
正月中には開ける予定なのでまた書きます。
どっちも楽しみです。

20090101173312.jpg
CHATEAU HAUT-MONTAUD 2005
フランス
渋みがあって辛口です。

他のワインや焼酎も飲んで年越し蕎麦も食べて(美味くない蕎麦だったけどw)
2時過ぎには寝たかな?

また今年も飲んだくれな1年が始まりました。
‘グビビのビ!’っと行きましょう!!










プロフィール

のんべえヒョットコ

Author:のんべえヒョットコ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。